MEMBERSHIP TERMS

会員規約

me R AI 会員規約

学校法人千葉学園 千葉商科大学(以下「本学」)が企画・運営するインターネット上のサービス「me R AI」(以下「本サービス」)のご利用を希望される場合には、以下の利用規約(以下「本規約」)に同意していただく必要があります。なお、本サービスの個別のサービス名称が変更される場合であっても、本規約の適用を受けます。

第 1 条(会員)

1. 「me R AI」を利用することを希望する、本学学生および各種サービスをご利用になる方(以下「ユーザー」)で、本規約に同意の上、個人情報および属性等の本サービス活用のために必要な情報を登録し、本学がこれを承認した者を、以下「会員」といいます。また、会員になる際に登録された情報を、以下「登録情報」といいます。

2. 会員は、別途本学が定める「me R AI」プライバシーポリシー(個人情報保護方針)を確認の上、会員登録することとします。「me R AI」個人情報の取扱いは本規約の一部とし、会員は、会員登録をもって「me R AI」個人情報の取扱いを含む本規約の内容をすべて承諾したものとみなされます。不承諾の意思表示は、会員登録をしないことをもってのみ認められるものとします。

3. 会員は、本条第1項にもかかわらず、時期によって、本サービスに登録できない場合または本サービスの一部を受けられない場合があることをあらかじめ了承したものとします。

第 2 条(会員の責任および登録情報の修正等)

1. 会員は、自らの意思により会員登録するものとし、その際に本学が会員にお知らせする方法に従って自らの意思および責任をもって本サービスを利用するものとします。

2. 会員登録の際に入力した個人情報および会員の活動情報(「活動情報」とは、本サービスの利用履歴に関する会員の情報をいいます。)は、会員自らがその内容につき責任を負うものとします。

3. 会員は登録内容の確認・変更ページにおいて、会員登録の際に入力した登録情報をいつでも変更・追加・削除することができます。また、会員はいつでも会員登録の解除をすることにより退会(以下「退会」)できます。

4. 会員が、登録情報の全部または一部に誤りがあったために第三者からクレームまたは会員登録の削除依頼があった場合、本学は事前の通知なしに当該登録情報の全部または一部を削除できるものとし、会員はこれをあらかじめ了承するものとします。

5. 会員が、本サービスの一部を利用しない、または一定の期間利用しないことを希望する場合には、利用しないサービスの提供期間または利用しない期間、退会する必要があります。退会した後、再度本サービスを利用することを希望する場合であっても、退会とともに退会前の登録情報は利用できません。

第 3 条(会員の禁止事項)

会員は、以下の行為をしないものとします。

  1. 意図的に虚偽の情報を登録・表示する行為
  2. 登録情報の全部または一部について、自己以外の情報の登録を行う行為
  3. 著作権、商標権、プライバシー権、氏名権、肖像権、名誉等の他人の権利を侵害する行為
  4. 個人や団体を誹謗中傷する行為
  5. 法令、公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
  6. 本学または第三者に不利益を与える行為
  7. 営業活動等営利を目的とした情報提供等の行為およびその行為を意図して行う登録
  8. 本サービスの運営を妨げる行為、または本学の信頼を毀損する行為
  9. 本サービスの利用で得たOB・OGの個人情報を第三者に漏洩する行為
  10. 本サービスにおいて提供される各社の会社説明、その他コンテンツを無断で複製、編集、本サービス以外のインターネットウェブサイト、SNS等にアップロードする等、著作権、商標権、プライバシー権、氏名権、肖像権、名誉等の他人の権利を侵害する行為
  11. その他本学が不適切と判断する行為

第 4 条(本サービスの一時中止・除名)

本学は、会員が本規約に違反したと判断した場合、当該会員に対し事前に通知することなく、当該会員の本サービスの全部または一部の利用を一時中止し、または当該会員の登録情報の一部の削除、会員からの除名または再登録を拒否できるものとします。なお、その場合、サービスの中止、除名または登録できないことに伴う一切の不利益に関して本学は責任を負いません。

第 5 条(本学の責任)

会員登録および会員による本サービスのご利用(これらに付随する本学または第三者の情報提供行為等を含みます。)により会員に直接かつ現実に生じた通常の損害について、本学は、本学の責めに帰すべき事由がある場合、1万円を限度として責任を負うものとします。ただし、本学に故意または重大な過失がある場合は、この限りではありません。

第 6 条(不可抗力)

本学は、通常講ずるべきウィルス対策では防止できないウィルス被害が生じた場合、天変地異による被害、その他本学の責によらない事由(以下「不可抗力」といいます。)による被害が生じた場合には、一切責任を負わないものとします。本学は、これらの不可抗力に起因して本サービスにおけるデータが消去・変更されないことを保証するものではなく、会員は、かかるデータを自己の責任において保存するものとします。

第 7 条(非保証の承認)

1. 本サービスにおいて提供される情報はその第三者の責任で提供されるものであり、会員は、提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性、掲載期限について本学が何ら保証しないことを了承のうえ、自己の責任において利用するものとします。

2. 本学は、以下の事項について保証するものではありません。会員はそのことを了承のうえ、自己の責任において利用するものとします。

  1. 本サービスの提供に不具合やエラーや障害が生じないこと
  2. 本サービスから得られる情報等が正確なものであること
  3. 本サービスおよび本サービスを通じて入手できる商品、役務、情報、掲載期間などが会員の期待を満たすものであること
  4. 本サービスの利用において不適切な内容が含まれないこと

第 8 条(ユーザー間の連絡)

会員は、ユーザー間(CUCアライアンス企業から本学学生へ、あるいは本学学生からCUCアライアンス企業へ)で就職・採用活動に関するメッセージを送受信する場合があることを了承します。

第 9 条(反社会的勢力の排除)

1. 会員は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。

  1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
  2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
  3. 自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
  4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
  5. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

2. 会員は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします

  1. 暴力的な要求行為
  2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
  3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
  4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
  5. その他前各号に準ずる行為

第 10 条(本サービスの変更等)

1. 本学は、会員への事前の通知なくして、本サービスの変更または一時的な中断(サーバー保守、システムの仕様変更、瑕疵修補等の場合、天災地変その他の非常事態が発生、発生の恐れがありもしくは法令等の改正変更により本サービスの運営を一時的に停止する必要が生じた場合を含みます。)を行うことがあります。

2. 本学は予告期間なく、本サービス全体の提供を長期的に中断もしくは終了することができます。

第 11 条(紛争、損害賠償対応)

会員は、本サービスの利用に際し、本規約に違反することにより本学または第三者に対して損害を与えた場合、直接・間接を問わず一切の損害の賠償を行うものとします。会員が本規約に違反したことにより本学が紛争に巻きこまれた場合、会員は、自己の責任と費用をもって当該第三者との紛争解決を図るものとします。

第 12 条(本規約の変更)

本学は、本学の合理的な裁量により、本規約を随時変更することができるものとします。本学が本規約を変更した場合には、変更及び変更内容を本サイトのトップページに掲示、あるいは登録のメールアドレスへ告知するものとします 。別段の記載がない限り、変更後の規約は、当該変更が掲示されたときから2週間後に有効となるものとします。変更後の規約が有効となった後、本サービスを利用した場合、又は変更の告知後1ヶ月以内にアカウントの抹消手続きをとらなかった場合 、会員は、本規約の変更に同意したものとみなされます。

第 13 条(準拠法および管轄)

本サービスおよび本規約の準拠法は日本法とし、本サービスまたは本規約に関して生じる一切の紛争については、千葉地方裁判所または千葉簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附 則
2019年4月22日から施行する。